当社の強み

Feature

みんなのM&Aについて

みんなのM&Aでは他のM&A仲介会社が扱わない中小零細企業や赤字企業のM&Aを得意としています。
みんなのM&Aが選ばれる理由は次の通りです。

Reason

選ばれる3つの理由

仲介手数料業界最安値
着手金0円
完全成功報酬型
01

圧倒的に格安な手数料

M&A仲介業者にM&Aを依頼すると、仲介手数料が最低でも500万円以上で、着手金として100万円以上を請求されます。最終的な仲介手数料は譲渡対象資産の評価額にも連動しており、中小企業のM&Aでは譲渡対象資産評価額の5%を請求されます。また仲介であれば譲渡側と買収側の両方から5%ずつ請求しています。

中小零細企業や赤字企業ではこのような高額の手数料を支払えないため、M&Aをしても手元に残る現金が少ない、またはほとんどタダ同然となってしまうケースなどをよく聞きます。その結果、廃業を余儀なくされる企業が多くなっています。
『みんなのM&A』では破格の手数料でより多くのM&Aを実現することを経営目標にしています。着手金0円の完全成功報酬型です。

マッチング成約率
90%以上
02

圧倒的な成約率

みんなのM&Aはぐんま税理士法人のグループ会社であり、税務会計顧問として中小企業の皆様に長期にわたりサービスをして参りました。中小企業の経営者の悩みやご苦労を誰よりも知る立場にあります。その経験から、M&Aについても中小企業の経営者の気持ちに寄り添いながら、懇切丁寧なコンサルティングを行い、必ず成約に結び付けます。

公的機関である中小機構が運営する「事業引継ぎ支援センター」での成約率は約1割ですが、みんなのM&Aは90%以上の確率でM&Aを成約させます。
売却する気があれば、必ず売却ができますので、お任せください。

地元・ぐんま税理士法人が
全面サポート
03

M&Aの成約前から成約後まで、
幸せなM&A実現へのサポート

事業を承継しても、その後に事業が急速に悪化したり、得意先が離れてしまったなどのトラブルをよく聞きます。他のM&A仲介業者は成約後の経営については関与しませんが、みんなのM&Aは売先の選定から、承継後の引継ぎ期間におけるアフターフォローまで継続的に関与していきます。もちろん、各場面で必要な税務や経営コンサル、事業承継補助金の利用申請や金融機関や前経営者との交渉にも立会や指導を行います(一部有料)。

CHECK!
M&A失敗の原因

M&A失敗の原因はまずマッチングにあります。M&A業界では、売り案件が圧倒的に少数であり、嫁1人に対して婿9人といった状況です。資金力の買手であれば、高い値段を提示することができますが、必ずしもそれが最良の候補者とは限りません。やはりそれぞれの企業文化の相性や従業員と経営者のスタイルとの相性なども考慮に入れて相手先を選ばないと不幸なM&Aになってしまいます。
みんなのM&Aでは候補先を選定するにあたり、値段だけでなく承継後の計画までを吟味したうえでアドバイスをします。

CHECK!
承継後の経営統合

承継後の経営統合も重要です。成約時には両者ともに前向きなのでお互いのいい面しか見えませんが、承継後は悪い面が見えてきます。
税理士法人が母体のみんなのM&Aでは税務顧問または経営顧問契約を結んでいただいたうえで、新社長に経営アドバイスをし、前社長と新社長との間の仲裁をする等、幸せなM&A実現へ全力でサポートしております。